転倒予防川柳

応募期間
2023年7月18日(火)
~8月31日(木)
結果発表
2023年10月10日(火)

過去の実施内容は以下よりご覧ください。
https://www.tentouyobou.jp/ippan/senryu

  • 1.応募概要
  • 2. 応募する
  • 3.結果発表

expand_more1.アワードについて

転倒予防川柳の目的・内容

誰もが親しみのもてる川柳を通して、転倒予防の社会啓発活動を推進することを目的としています。
転倒予防のために、個人で実践していること、地域や周囲の人に勧めている事、転倒を防ぐ工夫や、普段の生活のなかで気をつけたらよいと思うこと、転倒に関連する様々なできごと、思いなどご自由にご応募ください。

公募要領

■ 応募資格
特にありません(ただし、12歳未満の入賞者に関しては入賞確定時に、保護者の同意を確認します。海外からの応募も可能です)
■ 応募方法
応募フォームからご応募ください
■ 応募作品数
1人1作品(応募者の自作で未公表のもの)
※複数作品の応募が確認された際は、1作品目を有効とさせていただきます。
■ 受賞内容
大賞、厚生労働省特別賞、佳作、準佳作 
※該当なしの場合あり
■ 審査員
日本転倒予防学会役員、厚生労働省にて選定
■ 受賞、公表内容の通知
選定後、公表前に、メールまたは電話で受賞者に通知
■ 公表方法
2023年10月10日(火)(「転倒予防の日」:テン(10)-トオ(10)にちなんで)に、日本転倒予防学会と厚生労働省(SAFEコンソーシアムポータル)のホームページ上にて
■ 公表項目
作品、都道府県(国・地域)、氏名(ペンネームも可)
■ 副賞
大賞、厚生労働省特別賞にはあり
■ 主催
日本転倒予防学会、厚生労働省(共催)

過去の受賞作品

応募に際し、過去の受賞作品をご参照ください。

■転倒予防川柳大賞作品のご紹介

2011年大賞
口先の 元気に 足が追いつかず (埼玉県 掛川二葉)
2012年大賞
コケるのは ギャグだけにして お父さん(兵庫県 奥田明美)
2013年大賞
あがらない 年金こづかい つま先が(静岡県 石川芳裕)
2014年大賞
つまづいた むかしは恋で いま段差(長崎県 福島洋子)
2015年大賞
滑り止め つけておきたい 口と足(東京都 佐川晶子)
2017年大賞
離さない 昔は君で 今は杖(愛知県 井深靖久)
2018年大賞
つまずきは 孫は分数 祖母段差(栃木県 青柳婦美子)
2019年大賞
クラス会 終わって杖の 探し合い(愛知県 P.Nさごじょう)
2020年大賞
密減らし 増やしたいのは 骨密度(兵庫県 田村功)
2021年大賞
いつまでも 密と思うな 骨と愛(神奈川県 佐々木恭司)

expand_more2. 応募する

応募規約

  • 1. お預かりした個人情報は、厳正な管理の下に保管し、日本転倒予防学会・SAFEコンソーシアムの運営管理業務においてのみ使用し、ご本人の同意なく、無断で第三者に提供または共有することはございません。
  • 2. 社会啓発のため、受賞作品は以下の項目で使用されることがあります。
    ①厚生労働省による転倒災害その他の労働災害防止対策
    ②日本転倒予防学会の関わる転倒予防啓発活動や事業
    ③日本転倒予防学会が認めた活動や事業(営利・非営利)
  • 3. 作品の著作権は作者に帰属します。
  • 4. 同一の方による複数作品の応募が確認された際は、1作品目(応募日時が最も早い作品)を有効とさせていただきます。
    【注意事項】
    各企業でまとめてご応募をいただく場合、以下の点にご注意ください。
    ・応募者名(名前)は、川柳を作成した個人名をご入力ください。
    ※同一名義での複数応募は不可とさせていただきます。
    ・メールアドレス、電話番号は部門担当者など共通のアドレス、電話番号でも構いません。
    ※その場合、入選時は部門担当者へご連絡させていただきます。

応募受付は終了しました



expand_more3.結果発表

2023年度「転倒予防川柳」に、沢山のご応募をいただきありがとうございました。

大賞
スマホより 手すりを持って 上り下り(のほほん 愛媛県)
厚生労働省特別賞
こけかけた 床見たけれど 何も無し(羽場 ゆり子 徳島県)
佳作
物価より 上がってほしい 俺の足(荒流戯亭卵白 奈良県)
段差なし 何故かつまづき 老いを知る(吉 哉郎 鹿児島県)
つまづきを 支えてくれる 妻と杖(わたあめ 石川県)
準佳作
どうやって 転べばここに 擦過傷(波多床丸 東京都)